CHECK

理想的なマイホーム!注文住宅を建てようとしている人に役立つ知識を公開

このサイトでは理想的なマイホームを実現させるために、これから注文住宅を建てようと考えている人に向けて役立つ知識を公開しています。
人生において家を建てることは何度もあるわけではありません。
情報や知識のないまま家作りを行うよりも、事前に知っておくことで完成後のさまざまな後悔やトラブルを避けられることも。
マイホームを建てた後に家族みんなが安心して快適な暮らしを送るためにも、家づくりで役立つ知識をお届けします。

理想的なマイホーム!注文住宅を建てようとしている人に役立つ知識を公開

理想的な注文住宅の実現は土地を探すところからスタートします。
子供の通学に影響しない現在暮らしている住み慣れた町で探すのか、通勤している職場に近い場所にするのか、以前から住んでみたい憧れの住宅街にするのかなど、まずエリアを大まかに決めていきます。
大体のエリアをはじめに絞ることで、次のステップである不動産会社を選びやすくなります。
エリアが決まってきたら予算や資金計画についても考えておく必要があります。
注文住宅をスムーズに進めるために押さえておくと良いでしょう。

実際の暮らしを想定した注文住宅のシミュレーション

注文住宅を建築するときには、実際の暮らしをシミュレーションしてから依頼をするのがポイントです。
もちろん、初めてのケースが多いのでしきれない部分もありますがなるべく家族のライフスタイルに合ったものを建てると暮らしやすいです。
注文住宅を依頼するハウスメーカーや工務店などは、ヒヤリングの際に生活スタイルや家族構成などについても聞いてきますので実際の生活を想像しながら計画していくのが良いでしょう。
それでも、暮らせば後から何かしら気になることが出てくるのも住宅建築の難しいところではあります。
後から変更することができるような建て方もできますし、家族が増えたり減ったりしたらリフォームという方法もありますので可変性を持たせておくのも一つの方法です。
注文住宅を作る時には、それぞれの家族のスタイルに合ったものが望ましいです。
建売と異なり、自由設計ができるのが大きな魅力でもありますので事前にシミュレーションをおすすめします。

生活の利便性を重視した注文住宅の間取り

自由設計の注文住宅では、建物のデザインはもちろん、室内の間取りやインテリアについても、自分たちの理想や条件に合った家づくりが可能です。
しかし場当たり的に決めてしまうと、いくら見た目の立派な住まいを手に入れたとしても、入居してからの暮らしが不便になって、結果的に後悔することにもなりかねません。
そこで注文住宅の間取りを決める際には、インテリアの見栄えだけに気を取られることなく、日常生活での機能や使いやすさといった利便性についても、しっかり配慮ことが肝心です。
その際には家族の構成や普段のライフスタイルさらに将来のライフステージの変化もしっかり計算し、的確に設計することが求められます。
例えば明かるく風通しに優れた住まいを求めるなら、1階と2階が一体的かつ開放的になる吹き抜けを取り入れたり、キッチンやリビングまたは廊下の一角を活用すれば、ちょっとした書斎や勉強コーナーにすることも可能です。
また子育て中の家庭ならば、対面型のキッチンを設置した上でリビングと一体にすれば、炊事をしながらリビングで遊ぶ子供を見守ることができるでしょう。
あるいは高齢者がいる家庭なら、階段に手摺を設置したり、廊下も車椅子が通れる幅に設計しなければなりません。

注文住宅のデザインでオリジナリティを出すコツ

念願だったマイホームを持つとき、やはりこれは一生のうちでそう何度もできる買い物ではありませんから、できることなら自分たちの理想とする家を持ちたいと思うのが普通です。
それで注文住宅を選択する人が増えています。
しかし、単純に自分たちの理想の家と言っても個人の価値観もありますから、そう簡単に決めることはできません。
マイホームを建てるときにどんな部分を工夫すればいいか、といった問題を解決していかなければならないでしょう。
まず最初に考えなければならないのが家のデザインです。
これをオリジナリティ溢れるものにすることで、唯一無二の自分たちだけのマイホームとなります。
そのためには家の外壁から考える必要があるでしょう。
外観は素材の質感や色目によって家の印象が大きく変わってしまいます。
それから家の形状もかなり重要です。
家の形状はそのまま内側の間取りと関わってきますので、これは重大な問題となります。
注文住宅では業者ととことん話し合って決めていくことが大切です。

注文住宅の購入にかかる費用の内訳

注文住宅の購入にかかる費用の内訳は大きく土地の購入費と建物の建築費、付帯工事費に分類できます。
土地の購入費に分類されるものとしては不動産会社への仲介手数料や印紙代、登記にかかる登録免許税や司法書士の報酬の他に不動産取得税や固定資産税・都市計画税などがあります。
不動産会社への仲介手数料は土地の売買価格の3%に6万円を加えたものが上限とされます。
売買契約書やローンの借入契約書には印紙代が発生するので注意が必要です。
住宅ローンを利用する場合は手数料や利息も発生します。
土地の売買では消費税が発生しませんが、仲介手数料や司法書士の手数料には課税される点にも注意が必要です。
建物では仮設工事や基礎工事、木工事や内装工事の他にエアコンなどの設置費用や設計料が発生します。
仮設工事では足場の組立や仮設電気、水道やトイレの設置が行われ足場の面積が大きいほど高額になります。
木材の加工や組立、取付を行うのが木工事で注文住宅の建築工事の大部分を占めます。
駐車場や庭、水道管や照明など建物以外の部分に必要となるのが付帯工事費です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のお役立ち情報

このサイトでは理想的なマイホームを実現させるために、これから注文住宅を建てようと考えている人に向けて役立つ知識を公開しています。
人生において家を建てることは何度もあるわけではありません。
情報や知識のないまま家作りを行うよりも、事前に知っておくことで完成後のさまざまな後悔やトラブルを避けられることも。
マイホームを建てた後に家族みんなが安心して快適な暮らしを送るためにも、家づくりで役立つ知識をお届けします。

Search